この日の巨人戦【2018年8月11日/対広島】試合結果と戦評

8月11日(土)・マツダスタジアムで行われた「広島 vs 巨人」との18回戦・3連戦の2戦目。カープはこれまでリーグトップの12勝をマークしている大瀬良大地、対する巨人はこのところイマイチ調子の上がらないエース菅野智之、この両先発で試合がスタート。ジャイアンツは昨日も負けてマツダスタジアムでの連敗が13に伸び、何としてでもマツダでの連敗を止めなけらばならない!そんな白熱したjカープ対ジャイアンツの試合を、巨人ファンな僕から目線で振り返ってみたいと思います。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 5 1
広島 0 1 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 10 0
責任投手
勝:-
負:-
S:-
本塁打
巨:陽(7号)
広:丸(25号)
投手リレー
巨:菅野➝宮國➝アダメス➝野上➝澤村➝池田
広:大瀬良➝フランスア➝中崎➝今村➝一岡➝アドゥワ

スターティングメンバー

広島
  1. 遊:田中 広輔
  2. 二:菊池 涼介
  3. 中:丸 佳浩
  4. 右:鈴木 誠也
  5. 左:野間 峻祥
  6. 一:松山 竜平
  7. 三:西川 龍馬
  8. 捕:磯村 嘉考
  9. 投:大瀬良 大地
巨人
  1. 二:マルティネス
  2. 中:重信 慎之介
  3. 三:マギー
  4. 一:岡本 和真
  5. 左:亀井 善行
  6. 右:陽 岱鋼
  7. 遊:山本 泰寛
  8. 捕:小林 誠司
  9. 投:菅野 智之

本日の戦評

両チームとも一歩も譲らぬ激闘戦!同点のまま勝敗つかず引き分け。

1回表、ジャイアンツの攻撃は、おとといの阪神戦で左手の小指を負傷したマルティネスから。そのマルティネスは空振りの三振、続く2番重信も空振り三振、そして3番マギーはセカンドゴロに打ち取られ簡単に三者凡退で終了。

その裏、このところ負けが続いてあまり調子のよくない菅野がマウンドに!その立ち上がりは、1番田中をショートフライ、2番菊池をショートゴロに打ち取るも、3番丸にフォアボール、4番鈴木に内安打を打たれ1回の裏に早くもピンチを背負うも5番野間を見逃し三振に打ち取り、菅野は何とかピンチを切り抜けました。

2回の表もジャイアンツは三者凡退に抑えられたその裏、7番西川にツーベースを打たれ、8番磯村にサードへの内安打で連続ヒット!これで1アウト1塁3塁とまたしてもピンチを背負うと、9番大瀬良にスクイズを決められ1対0と先制されてしまう。

その後、両チームとも3回、4回、5回と無得点の状態で回は進み6回の裏、この回の先頭打者である丸に今シーズン第25号のソロホームランを浴びてしまい2対0とさらに点差が開く。

しかし終盤8回の表、ここまで岡本のヒット1本に抑えられてきたジャイアンツ打線が反撃を見せ、まず7番山本が左中間を破る2ベースヒットを打ち、8番小林の代打に若林。その若林はセカンドゴロに打ち取られますが、その間に山本が3塁へと進み1アウト3塁と得点のチャンス!続いて9番菅野の代打に大城が入り、その大城が見事左中間を破るタイムリーツーベースを放ち2対1と2本のツーベースで1点差!その後代打の阿部がフォアボールを選んで出塁するものチャンスを生かし切れずに結局1点で終了。

8回の裏はマウンドに宮國が上がり、この回の先頭2番菊池をショートフライ、3番丸を見逃し三振、4番鈴木をライトフライとカープの上位打線を見事三者凡退に抑える好投を魅せる。

そして2対1のまま最終回へと進みカープは守護神中崎を投入!ジャイアンツは4番岡本からの好打順でしたが岡本はセカンドゴロ、続く5番亀井がレフトフライで早くも2アウト。続いて6番陽岱鋼が2ストライクと追い込まれ、誰もが諦めかけたその時、中崎の甘く入ってきたスライダーを見事振り抜きライトスタンドへ飛び込む第7号ソロホームランを放ち、土壇場で同点に追いつく!!

9回裏はアダメスがキッチリと三者凡退に抑えて延長戦へと突入。10回表に宇佐見がフォアボールで出塁し、代打吉川光夫が送りバントで2塁に進め、得点圏にランナーを置くも後続がチャンスを活かしけれず結局無得点で終了。

その後10回に野上、11回に澤村、12回に池田といった投手リレーで何とか無失点に抑え、試合は2対2の引き分けで終了した。

巨人ファン目線で試合を振り返ってみて

今日の試合でもっとも熱くなった場面といえば、やはり9回裏2アウト2ストライクという絶対絶命という土壇場での陽岱鋼の同点ホームランでしょう。あの同点ホームランは観ていて正直鳥肌が立つくらい嬉しい見事なホームランでした。

まさか2ストライクと追い込まれながらもホームランを打つとは!陽岱鋼の活躍にはかなり驚かされました。

それから先発の菅野ですが、要所要所でピンチを背負う場面も結構ありましたが、それでも粘りのピッチィングを続け、7回2失点死球1とまずまずの投球内容でした。

それに、宮國、アダメス、野上、澤村、池田と5人の投手リレーで試合を最後まで運びましたが、いずれもカープ打線を無得点に抑えるなど、今日は中継ぎ陣の働きも非常に良いものがありましたね。

結局試合結果は2対2の引き分けで終わりましたが、それでもマツダスタジアムで負けなかったというのはかなり大きいと思うので、この引き分けをきっかけに明日のカード最終戦勝って、マツダスタジアムでの悪い流れを断ち切りたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です