この日の巨人戦【2018年7月10日/対ヤクルト】結果と戦評

7月10日(火)・神宮球場で行われた「ヤクルト vs 巨人」の13回戦。ヤクルト先発はブキャナン、巨人は本日初登板のメルセデス、といった両先発で試合がスタート!3連戦の初日を勝利し白星スタートで勢いに乗る巨人。今日も勝利して連勝といきたいところ。そんな白熱したヤクルト vs 巨人の試合を振り返ってみたいと思います。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 1 2 2 0 0 1 0 0 6 11 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 1 1 0 3 12 1
責任投手
勝:メルセデス(1勝0敗0S)
負:ブキャナン(6勝6敗0S)
セ:マシソン(0勝2敗5S)
本塁打
巨:長野(7号)マギー(8号)・坂本(13号)
ヤ:
投手リレー
巨:メルセデス➝鍬原➝澤村➝マシソン
ヤ:ブキャナン➝星➝近藤➝中尾➝石山

スターティングメンバー

ヤクルト
  1. 遊:西浦 直享
  2. 三:川端 信吾
  3. 二:山田 哲人
  4. 左:バレンティン
  5. 一:畠山 和洋
  6. 中:坂口 智隆
  7. 右:雄平
  8. 捕:中村 悠平
  9. 投:ブキャナン
巨人
  1. 遊:坂本 勇人
  2. 二:吉川 尚輝
  3. 三:マギー
  4. 一:岡本 和真
  5. 左:亀井 善行
  6. 右:長野 久義
  7. 中:陽 岱鋼
  8. 捕:宇佐見 真吾
  9. 投:メルセデス

本日の戦評

メルセデスの力投と3本のホームランでヤクルトに連勝!

ヤクルトスワローズの本拠地、神宮にて18時試合開始となったヤクルト対巨人の13回戦2日目。ヤクルトのマウンドにはブキャナンに対し巨人は打撃好調の坂本から、でしたがセンターフライ。続く2番吉川尚輝も同じくセンターフライ、3番マギーが3塁強襲のヒットを放つも岡本がキャッチャーフライでスリーアウト!巨人はこの回無得点で終わる。

その裏、巨人のマウンドには、昨日育成から支配下登録をうけたばかりのメルセデス。いったいどんなピッチングを見せてくれるのか?かなり未知数なところはありましたが、3番山田にレフト前ヒットを打たれるも4番バレンティンをセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑える力投っぷり!なかなか期待の持てる良いピッチングです。

そして2回表、6番の長野がライトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち1点を先制。さらに3回にマギーの2ランホームランで2点追加、さらにさらに4回、打った瞬間ホームランだとわかる坂本の2ランホームランで2点追加。

2回表の長野の先制ソロホームランから始めりマギーの2ラン、そして坂本の2ランと、4回までに3本のホームランが飛び出すなど今日も巨人打線は絶好調!5対0とスワローズを一気に突き放します。

投げては今日初登板のメルセデスですが、ピンチを背負う場面もありながらも5回を投げ切り、スワローズ打線を無得点に抑えるという見事なピッチング!勝ち投手の権利を得たところで2番手の鍬原に交代。

6回裏、変わった鍬原に対してスワローズ打線は3番山田から。その山田にショートへの内安打を打たれると、次のバレンティンにフォアボール、続く5番畠山にヒットを打たれ1点を返される。

そして7回表、巨人の先頭打者である2番吉川尚輝がセンター前ヒットで出塁すると、続くマギーが打ったサードゴロをサード川端がエラーし、ノーアウト1塁、3塁。さらにスワローズを突き放す絶好のチャンスで4番岡本。しかし岡本は内野フライであっけなくアウト。その後長野の申告敬遠などで2アウト満塁となったところで陽岱鋼に代わり代打阿部慎之介。

その阿部が2塁間へしぶとくヒットを打ち1点を追加、6対1とスワローズをさらに引き離して7回の裏、回を跨いで引き続き鍬原がマウンドに上がるも連続安打などで1点を返され6対2。

そして終盤8回の裏、巨人のマウンドには3番手の澤村があがり、先頭打者の山田にヒットを許すもバレンティンを三球三振に抑え、なかなかのピッチング!しかし7番雄平にヒットを打たれ結局この回1点を失う。なかなかピシャリと抑えることができませんねぇ。

9回表の最終回、巨人の攻撃は無得点に終わり9回裏のマウンドには守護神マシソン。そのマシソン、やはり守護神だけあり安定したピッチング!見事3人をピシャリと抑え6対3で試合終了。巨人は序盤のリードを守り抜き見事3連勝!一方のスワローズは7連敗となった。

巨人ファン目線で試合を振り返ってみて

今日は長野、マギー、坂本と3本のホームランでスワローズに快勝し、かなり見応えのある試合展開でしたね!

最近の巨人打線はとてもいい感じに機能しているという印象があります。やはり1番に状態の良い坂本がいるのがかなり大きいと思う。「1番が出て2番が送り、3番・4番で点を入れる」巨人打線はこの流れができつつあるので、序盤で得点しやすくなっている。

さらに大きいのは状態の良い亀井が5番にいるということ。たとえ3番、4番がダメだったとしても次に亀井がいるというだけで見ている方はかなり安心できる。ただ亀井はケガとかしやすい傾向にあるのでそこが心配!頼りになるだけに無理はしないでもらいたい。

そして昨日育成から支配下登録された今日が初登板のメルセデスですが、5回までスワローズ打線を無失点に抑え、初登板で初勝利とかなりの好スタート。ただ、外国人選手は未知数なところが結構あるだけに、先はまだわからない。まずは巨人の先発ローテに定着してくれることを期待したい。

後は澤村がもう少し余裕を持ったピッチングをしてくれると、安心して見ていられるんだけどなぁ。
今も澤村の状態を見ていると正直不安でしかない。ヒットを打たれるのは仕方ないとしても、四死球で自らピンチを招くのだけは避けていただきたい。

そんなわけで、ここまで3連勝とチームの勢いもついてきている巨人。明日も勝って連勝街道を突き進んでいきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です