ブログを始めるならアメブロ?それともWordPress?

アメブロ?それともワードプレス?

ブログを始めたいと思った時、多くの方が「無料でやるか」「有料でやるか」で悩みます。
確かに無料でできるブログサービスも数多く存在していますので、ブログを始めようとしている初心者にとっては悩みの種となるでしょう。

そこで今回は、数多く存在する無料ブログサービスなかでも、もっとも規模の大きい「アメブロ」と、ブログを自ら構築していく「ワードプレス」の特徴などについて詳しくお伝えしてこうかと思います。

アメブロとは

アメブロとはアメブロは、株式会社サイバーエージェントが運営するブログサービスで、2014年9月15日でサービス開始から10周年を迎え、その時点で利用者数が約4,000万人を突破。
投稿された記事数も累計19億件を超えるなど、日本最大級の規模を誇るブログサービスです。

また、アメブロは他のブログサービスと比べ、比較的使いやすい仕様となっているので初心者でも簡単にブログを書いていくことができるよう配慮されています。

ですので、もしブログを日常の出来事や趣味的なことなどで運営していきたいという場合は、アメブロが最適です。

アメブロの特徴

1、ユーザー同士との繋がりが殆ど

アメブロは「アメーバピグ」や「グルっぽ」、さらには「ぺた機能」や「読者登録」など、アメブロ内でユーザー同士のコミニュケーションが図れるツールが豊富に用意されているのが特徴です。
そういった特徴を持つアメブロは、検索エンジンなど外部からの集客にはあまり向いていません。

2、基本的に商業行為禁止

サイバーエージェントの承諾なしにアメブロで商業行為をおこなうことは基本的にダメです。
例えば、商業用の広告やそれら宣伝を目的としたブログを作成したり、また物やサービスの売買、交換などを目的とする情報を送信など、サイバーエージェントの規約で禁止行為とされているので、アメブロを利用して利益に繋げたいという方には向いていません。

3、独自ドメインが使えない

アメブロは、現在のところ独自ドメインの使用には対応していないので、後に独自ドメインへと切り替えたいとなったとしてもできません。
もし独自ドメインにしたいという場合はブログを引越し、一からやり直す必要があります。

4、芸能人たちがやたら多い

芸能人がやたらと多く利用しているのもアメブロの特徴です。

芸能人や著名人をはじめとしたオフィシャルブロガーは、2016年2月時点で19,000人以上におよび、こちらも月間100名以上がブログを新規スタートしています。

株式会社サイバーエージェントより引用

アメブロのメリット・デメリット

アメブロのメリット

  • ブログの初期費用や維持費がタダ。
  • 専門的な知識がなくても簡単に運営できる。
  • アメブロの規模が大きいので初期の頃から検索に強い。
  • 数多くのアメブロユーザーと繋がることができる。
  • ブログ以外でも様々なコミュニティツールが使える。
  • メンテナンスがしっかりしている。

アメブロのデメリット

  • デッカイ広告が表示される。(広告非表示にする場合は別途有料)
  • サービスの提供終了と共にブログも消える恐れがある。
  • アフェリエイトなどの商業利用ができない。
  • カスタマイズに制限や限界があるので人とデザインが被る。
  • 言う事を聞かないと突然削除される場合がある。
  • 頑張ってブログを書いても結局のところ運営次第である。

アメブロのメリット・デメリットはこんな感じです。

WordPressとは

ワードプレスとはWordPressは、すべて無料でブログを構築することが可能な「WordPress.com」と、自らサーバーを契約し、契約したサーバーにWordPressをインストールして利用する「WordPress.org」の2種類に分かれます。

全て無料で使える「WordPress.com」は、運営する企業のもとでブログを利用することになりますから、言ってみたらアメブロなんかと同じです。
もちろん広告も表示されますし、ワードプレスの利点であるカスタマイズなどの自由度もかなり制限されますので、あまりオススメできません。

「どうしてもワードプレスでやりたい!でも費用はかけたくない!」ということなら話は別ですが、そうでない場合はアメブロなどを利用した方がはるかに良いです。

もしWordPressを利用してブログを運営していくのであれば、自らサーバーを契約して利用する「WordPress.org」がおすすめです。

WordPressの特徴

1、カスタマイズなどの自由度の高さがピカイチ

WordPressは世界中でもっとも利用されているブログサービスです。
予め用意されている豊富なテンプレート(テーマ)から気に行ったテーマを選び、簡単にブログを始めることができます。
また、選んだテーマをさらに自分好みにカスタマイズしていったり、プラグイン(機能)を追加していくことが可能なので、かなり自由度が高いです。

ただ、CSSやHTML、PHPなどの専門的な知識が多少なりとも必要です。が、調べればなんとかなります!

2、勝手に広告が表示されることがない

自分のサイトに広告が一切入らいというのはとっても嬉しいことですね。
このWordPressは、「自由に使っていいですよ!」っていうオープンソースなので、無料で使用できて尚且つ広告が一切表示されません。
サーバーも無料なWordPress.comを利用した場合は除きます。

3、検索エンジン(SEO)に強い

WordPressはグーグルやヤフーの検索エンジンにも強いと言われており、これはグーグル先生やSEOの専門家も認めているほどです。
現在ではSEOに特化した有能なプラグインも多数存在しますので、WordPressであれば初心者でも簡単にSEOの設定が可能です。

4、収益化につなげることも可能

自由度の高いWordPressは、Google AdSense(グーグルアドセンス)の設置や、アフェリエイトプログラムなどの利用も自由にできますので、将来収益に繋げていくことも十分に可能です。

アメブロではGoogle AdSenseやアフェリエイトの利用は禁止行為とされているので、ブログを通じて収入を得たいという場合はWordPressが最適です。

WordPressのメリット・デメリット

WordPressのメリット

  • 自由度が高く、自分の思うような運営が可能。
  • 続けていくうち徐々にSEO効果が強くなっていく。
  • Google AdSenseやアフェリエイトなどで収益化することが可能。
  • 独自ドメインで運営することができる。
  • 様々な機能(プラグイン)が使用できる。
  • 書いたブログ一つひとつがあなたの資産となっていく。

WordPressのデメリット

  • 初期費用を含めサーバー代などの維持費がかかる。
  • サーバーの契約からインストールなど、すべて自分でやらなければならない。
  • 初心者にはちょっとむずかしい部分もある。
  • ブログの管理(メンテナンス)などすべて自分でやなければならない。
  • はじめのうちはSEOの効果も低い。

WordPressのメリット・デメリットはこんな感じです。

結局のところアメブロ?それともWordPress?

アメブロにせよWordPressにせよ、どちらもメリット・デメリットがありますので、こっちが良いとか一概には言えませんが、もし自分の日常などを日記感覚でササッと書いて、とりあえず気軽にできればいいや!って方はアメブロなどのブログサービスでオッケーです。

いや、ブログを通じて「多くの人に様々なことを発信していきたいんだ!」「いずれは収益化していきたい!」などと気合の入っている方は絶対にWordPressがおすすめです。

まとめ

企業が運営する無料ブログサービスや、サーバーを契約して自ら運営していくWordPressなど、ブログを運営していくうえでの環境はとても多く存在しており、またそれぞれ違った特徴を持っています。

ですので、今後ブログを始めてみたいという方は、今回の記事を検討材料のひとつに加えていただき、十分比較したうえで自分にピッタリなサービスを選んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です