案外使える「au WALLET(au ウォレット)」

意外と使える!au ウォレット

突然ですが、今僕が利用している携帯電話キャリアはau。
そのauが提供するサービスの中で「au WALLET(au ウォレット)」というクレジットカードみたいなものがあるのは皆さんもご存知かと思います。

僕もauユーザーとして一応は持っていますが「ハッキリ言って、コレ使い道あんの?」正直そう思っていました。が、最近使う機会があって実際使ってみると、これがまた案外使える!

そんなわけで今回は、au WALLETについて今一度おさらいしていきたいと思います。

au WALLET(au ウォレット)って何?

au WALLETカードを見ると、マスターカードのマークが入っているのでクレジットカードか?と思うかもしれませんが、本来のクレジットカードではありません。

一見するとクレジットカードにも思えるau WALLETカードですが、このカードは現金をチャージした分だけ利用することのできる「プリペイドカード」です。

例えばau WALLETに10,000円をチャージしたとすると、単純に10,000円まで買い物することができ、それ以上は利用できないようになっています。

そのように、現金をチャージしてから使用するといった意味では「PASMO」や「Suica」、「楽天Edy」のような電子マネーと一緒ですね。

でも、このau WALLETはプリペイドカードでありながらクレジットカードとしても利用することができるので、そういった点では他のプリペイドカードとは違います。

ただ、「クレジットカードっぽい」けど「クレジットカードではない」
うーん、なんだかそういうややこしい部分が、正直面倒くさいのです。

実際僕も作ってから一年ちょい放置していましたから。

au WALLET(au ウォレット)の使い方

基本的にau WALLETはクレジットカードと同じような機能を持っていますから、全国のコンビニやスーパー、レストランなど様々なお店で利用することができます。

まずはチャージをしましょう!

カードの残高が0円だと当然利用することができませんので、チャージしなければなりません。
チャージ方法は結構たくさんありますので、お好きな方法でチャージしてください。

チャージ方法

  1. auかんたん決済(月々の通信料金と合算してチャージする)
  2. じぶん銀行からチャージする
  3. クレジットカードからチャージする
  4. WALLET ポイント・auポイント(貯まったポイントを現金に交換してチャージする)
  5. au WALLET チャージカード(チャージカード購入後にコード番号を入力してチャージする)
  6. 現金(auショップやローソンなどでチャージする)

チャージの上限額は10万円までです。

チャージできたら準備完了です!

無事チャージすることができたら普通にクレジットカードのように買い物することが可能です。
ただし、au WALLETは通常のクレジットカードとは違い、原則一括払いのみとなり、分割払いができませんので注意してください。

また、インターネットで買い物をする際のクレジットカード決済も利用可能となりますので、クレジットカード決済を利用する際は下記のように必要事項を記入しましょう。

出典:KDDI

利用する前に知っておきたいこと

  • 通常のクレジットカードの場合は支払日まで引き落とされることはありませんが、au WALLETの場合はその場で引き落とされるため、残高不足の場合は使用できません。
  • コンビニのレジで支払いをする「コンビニ決済」は利用できません。
  • お支払いの回数は「1回払い」が原則です。

au WALLET(au ウォレット)のメリット・デメリット

au WALLETのメリット

  • カードに入っている残高分しか使うことができないので、使いすぎることが無い。
  • au WALLETをコンビニや飲食店などで使うと、200円(税込)ごとに1ポイント貯まっていく。また、指定のお店の場合は通常よりもポイントがアップします。
  • au携帯やauひかりなどは利用料1,000円(税抜)ごとに10ポイントも貯まっていく。
  • 貯めたポイントは現金としてチャージすることができる。
  • ポイントがもらえるキャンペーンがたくさん実施されている。
  • au携帯を契約している人なら誰でも申込むことができる(法人契約の場合は除く)

au WALLETのデメリット

  • 残高不足の場合は一切使用できない。
  • 原則として支払いは一括払いのみなので、ボーナス一括払いや分割払いができない。
  • あくまでクレジットカード扱いなので、コンビニ決済ができない。
  • MasterCardの加盟店以外だと利用できない場合があるので事前確認が必要。
  • 残高をちょこちょこ確認しておかないと、いざ使う時に使えません!ってことに!
    なのでちょっと面倒。

このような感じでメリット・デメリットはそれぞれありますが、総合的に考えると便利なカードであると言えるので、どんどん活用していけば良いかと思います。

僕自身が実際使ってみた感想

今から一年ぐらい前、auショップへ行った時に店員さんから薦められたのがきっかけでした。

年会費無料でクレジットカードと同じ扱い、それに残高分しか使えないという安心さが良いかなと思って申し込んだわけですが、現金をチャージするのも面倒くさかったのでそのまま放置。

その後、インターネットで買い物をしようとした時、そこはクレジットカード決済のみ。
正直クレジットカードの情報を入力するのが嫌だったので、どうしようかな?と…。

そこでひらめきました!「あ、そうだ!!au WALLETがあるじゃん。」

普通のクレジットカードだと、万が一情報が洩れて勝手に使われてしまうという危険性がありますが、au WALLETならそもそも残高がなければ使えないわけだし、ある意味安心!

しかも、ずっと放置していたから気づかなかったけど、いつの間にかポイントも貯まってました。
これはこれはラッキー!てなわけで、商品代金分をチャージしにコンビニへ(ローソン)GO。

チャージ後、カード情報を入力して無事買い物完了!ポイントも使えたので、安心してお得に買い物することができました。

オススメだよ!
クレジットカード決済を簡単・安全に使用することができる「PayPal(ペイパル)」に登録することも可能ですので、より安心してクレジット決済を利用したいという場合はPayPalの登録をおすすめします。(ちなみに僕は登録しました!)

まとめ

今回はau WALLETプリペイドについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

au WALLETはコンビニやレストランなど多くのお店でクレジットカードとして普通に使えるるのでとても便利なカードです。

ただ、あくまで一括払いが原則となり、カードにチャージされている残高分しか使えないなど制限がありますので、au WALLETを使う場合は、この記事を参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です